ここから本文です

函館市で震度6弱 気象庁が会見(全文2完)しばらく同程度の地震に警戒必要

THE PAGE 6月16日(木)20時24分配信 (有料記事)

活断層の動きとは関連性はないのか

朝日新聞:朝日新聞なんですけども、今のお話ですと活断層の動きとは、関連性は要するにないということ。

青木:ええ。ここに示してある函館平野西縁断層帯は今回の地震の震源からかなり離れてますので、その活動ではありません。

朝日新聞:あと、この同規模の地震が続発する可能性があるというのは、それは北海道で過去にそういうデータがあるからというそういうことですか。

青木:はい、そうです。

朝日新聞:あと地震が3回発生していて、震度6弱のあとに震度2と震度1があって、これはその余震、6弱の余震とみていいんですか。

青木:こういったように同程度の規模の地震が続発するような地震活動の場合は、明確に本震とか前震とか余震とかそういった区別が付けませんので、特にこれが前震だとか余震だとか、そういったことではありません。地震活動、地震活動の1つということになると思います。

朝日新聞:この午前9時にあったこの震度2とはどういう関係とみたらいいですか。

青木:同じ場所で発生した地震ということだと思っています。

朝日新聞:前兆とかそういうものとは違う。

青木:一連の地震だとは思います。

※一部判別できない箇所がございますことをご了承ください。本文:12,662文字 この記事の続きをお読みいただくには、THE PAGE プラスの購入が必要です。

  • 通常価格:
    648円/月(初月無料)
  • 会員価格会員価格:
    540円/月(初月無料)

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上、ご購入ください。

Yahoo!プレミアム会員登録はこちら(月額498円)

最終更新:6月16日(木)20時24分

THE PAGE

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]