ここから本文です

貯金がない人に「優雅な投資家」がおススメする物件

ZUU online 6月16日(木)7時0分配信

2016年5月某日、DAILY ANDS編集部はJR川崎駅改札前の時計台の下におりました。

もとはといえば、「給料以外の方法でも稼げる人間になれたらいいな」という思いで不動産投資家さんのブログをあさっていたことがキッカケでした。「Elegant Owners(エレガント・オーナーズ)」という、女性不動産投資家の会があることを知り、早速、代表の方に連絡を取ってみたのです。

女性の不動産投資家ってどういう方が多いのかな? 女性が不動産投資をはじめるときは、どんなことに気をつけたらいいのかな? どうして不動産投資の情報は、株や税金に比べると身近じゃないのかな?…そんな漠然とした疑問をすべてスッキリさせてくれる、ステキな出会いになるとはまだ思っていませんでした。

■キュートで柔らかい印象の女性

ドキドキしながら時計台の下に立っていると、待ち合わせ時間ぴったりに、「五十嵐です、くすいさんですか?」と声をかけてくださる女性がいました。

彼女こそ、Elegant Ownersの設立者で、代表を務める五十嵐未帆さん。不動産系のメディアに掲載されていた写真などから勝手に抱いていたイメージよりも、キュートで柔らかい雰囲気の方でした。(失礼な言い方でスミマセン;)

会員は30、40代が中心
早速、近くの喫茶店へ移り、お話を伺いました。

五十嵐さんは横浜や川崎で新築アパート7棟66室を管理するママ大家さんです。現在、Elegant Ownersを運営して3年目で、会員はなんと400人近くもいます。

水色ですべすべした肌触りの名刺を眺めながら、現在のElegant Ownersにはどんな方がいるのかお伺いします。

「Elegant Ownersは20代から60代の方がいますが、30代、40代が中心ですね。最近は若いご夫婦で不動産投資を始められた奥様の参加も多いですよ」(五十嵐さん)

もとは、孤独になりがちな女性不動産投資家を集めて情報交換をする場にしようと立ち上げた会でした。設立当初は不動産投資経験者が集まることが多かったそうですが、最近は五十嵐さんが本を出版されたこともあって、「これから不動産投資をはじめたい」というビギナーさんも参加するようになったのだとか。

■貯金がない人におススメの投資先は?

五十嵐さんの目標は、「物件を買いたい人に業者さんを紹介したりして、切実に困っている人が副収入を得られるように手助けをすること」だそうです。

「切実に困っている人」とは具体的にはどんな方ですか?とお聞きすると、五十嵐さんは「シングルマザーですね」と即答。確かに、シンママの中には慰謝料なども得られず、経済的にも精神的にも負担が大きい中で奮闘している方が少なくないと聞いたことがあります。

大金を用意することが難しい人に、五十嵐さんがおススメする投資物件は「空き家」です。

「空き家を借りて、人を住まわせるんです。これなら、10万円くらいあればできます」(五十嵐さん)

■「廃墟専門」の大家さんもいるらしい

じ、10万ですか!? DAILY ANDS編集部もさすがにオドロキです。でも、空き家って住む人がいないから空き家なわけで、そんなボロ物件に住みたい人っているんですかね?

「賃貸困難者という層があって、結構多いんです。外国人の方や、保証人がいなくて普通の物件を借りられない人、生活保護受給者の方など。特に生活保護受給者だと退去がなくてずっと住んでくれるし、役所から直接家賃が振り込まれるのでとりっぱぐれもありません。とりっぱぐれがない、常に満室、という理想の物件になる可能性があるんですよ」(五十嵐さん)

五十嵐さんによると、大家さんの中にはボロ空き家を専門とする「廃墟不動産投資家」もいるのだとか。

天井に穴が空いていたらブルーシートを敷く。床に穴が空いていたら「穴が空いています」と書いた紙を置く。……それで借り手が見つかってしまうのだから、不動産は不思議です。

「廃墟マニア」という方もいるくらいですし、最近は空き家の価値も見直されはじめていますから、とらえ方次第では、ボロ空き家は安くて高付加価値な「お宝物件」なのかもしれませんね。

■貯金がある人におススメの物件は?

もうちょっと貯金のある人には「アパート1棟」がおススメだそうです。

「区分(マンションやアパートを1部屋ずつ購入する形式)だと、一度退去されてしまうと、しばらく収入が途絶えてしまいますよね。そうすると、家賃が入らずローンを自腹で払う期間が出てくる可能性がある。つまり、空室リスクが高いんです。1棟まるまる所有していたら、ある程度部屋が埋まっているので家賃収入ゼロというリスクは低くなります」(五十嵐さん)

五十嵐さんは、「女性なら5000万~6000万円くらい、高くても7000万~8000万円くらいの新築アパートがいいのではないでしょうか」と話します。中古だと「どんな入居者がいるかわからない」「すでに入居者がいると中を見られず、物件がどうなっているか確認できない」などのデメリットがあるため、五十嵐さんは「新築派」なのだそうです。

ただ、年収や職業によっては女性ひとりでこの金額を銀行から借りるのは難しいので、親に連帯保証人になってもらったり、パートナーと一緒にローンを借りたりと、工夫する必要はあるかもしれません。

マンションを1棟買うという選択肢もありますが、こちらは「少なくとも1億5000万円は必要」とのこと。

貯金がものすごくたくさんある人や、大企業に勤めていて年収や信用がある人など、場合によってはこの金額の融資を受けられる可能性もあるので、興味があれば調べてみてもいいかもしれません。

■1軒家ってどうなの?

「1軒家ってどうなんですか?」とお聞きすると、「1軒家もいいですよ」との返答が。

「ただ、2~3年前までは千葉、大阪などに200万~300万円で買えるものがあったんですけど、最近は高くなっちゃってなかなか見つからないかもしれません。よほどの『通』か、不動産業者とつながりがないと見つからないんじゃないでしょうか」(五十嵐さん)

1軒家だと、自分でリノベーションして人に貸したり、転売したりして、利益を出す方法があるそうです。

五十嵐さんは「今は空き家が本当に多いので、やっぱり空き家を買ったり、借りたりするのがありなんじゃないですかね」と話します。

「女性は年金、老後、介護など、将来にものすごく不安を感じています。そんなとき、株や投信などの金融商品は自分の力ではどうにもならない部分が多いけれど、家は努力すればなんとかなるんです。不動産は『投資』じゃなくて『経営』ですから」(五十嵐さん)

■借金が無理なら借りなくていい。自分に合う方法で

五十嵐さんはセミナーなどで参加者にいつも伝えることは、「不動産投資には本当にいろんな形がある」ということだそうです。

「借金は無理!と思う人なら無理して借りなくてもいいんです。自分に合った方法でやったらいいんですよ、といつもお伝えしています」(五十嵐さん)

Elegant Ownersの会員や五十嵐さんの知り合いの女性大家さんの中には、区分マンションと一軒家、ボロ空き家、さまざまな形態の物件を複数持つ「ちゃんぽん大家さん」もいるそうです。かと思えば、自分の得意な形態の物件をひたすら探す人もいます。それぞれ、自分に合った方法を見つけることが、成功への近道なのかもしれません。

■今は買い時なの?

不動産といえばマンションを買いたい!でも、たくさんのお金がないと買えない!

こんな思い込みがすっかり剥がれ落ちてしまったDAILY ANDS編集部。前向きなお話をお聞きして胸の中が希望でいっぱいになりかけたその時、「そういえば最近って東京五輪が近くて、首都圏では不動産の価格めちゃくちゃ高騰しているんじゃなかったっけ」ということを思い出し現実に引き戻されました。

正直なところ、今って買うべき時ではないのでは…?こんな質問をぶつけてみると、五十嵐さんは「そんなことはありませんよ」と微笑みます。

むむ。何やらさらに興味深いお話が聞けそうです。(後編に続く)

くすい ともこ
DAILY ANDS編集長。北陸の地方紙で5年間記者として勤務後、Web編集者に。「無理のない範囲でコツコツ」をモットーにインデックス投資を始めるも、含み損がコツコツたまっている。(提供:DAILY ANDS)

最終更新:6月16日(木)7時0分

ZUU online

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

地球外生命を宿しているかもしれない1つの惑星と3つの衛星
地球外にも生命はいるのでしょうか?NASA(アメリカ航空宇宙局)の惑星科学部門の部門長であるジェームズ・グリーンと一緒に、地球外生命を宿していそうな場所を太陽系内の中で探してみましょう。 [new]