ここから本文です

ザ・タイムの元メンバーらによるプリンス追悼コンサートが9月に日本で開催

bmr.jp 6月16日(木)19時50分配信

ザ・タイムの元メンバーらによるプリンス追悼コンサートが9月に日本で開催

ザ・タイムの元メンバーらによるプリンス追悼コンサートが9月に日本で開催

プリンスが生み出した名曲“Nothing Compares 2 U”を元々歌っていたことでも知られるグループで、現在はエフデラックス(fDeluxe)として活動しているザ・ファミリーが、9月に日本でプリンス追悼コンサートを行うことが発表された。

1985年にアルバム『The Family』でデビューしたザ・ファミリーは、ザ・タイムの元メンバーであるセント・ポールことポール・ピーターソン、ジェローム・ベントン、ジェリービーン・ジョンソンに、ウェンディ&リサのウェンディの妹にあたるスザンナ・メルヴォワン、エリック・リーズによって結成された5人組。このデビュー・アルバムに収録された“Nothing Compares 2 U”は、後にシニード・オコナーのカバーで広く知られるようになった、プリンスが生み出した名曲のひとつだ。

後のマッドハウスに通ずるジャズ・フュージョン色が強いグループだったが、プリンス主導のプロジェクトだったこともあって、すぐに解散。だが近年になってセント・ポール、ジェリービーン、スザンナ、エリック・リーズの4人でエフデラックスと名乗って再始動しており、2011年にエフデラックス初のアルバムとなる『Gaslight』を発表。クラウドファンディングのPledge Musicを使って2013年に新作『AM Static』やライブ盤『Live & Tight As A Funk Friends Fix』(いずれも一般発売は翌年)を発表するなど活動を続けている。

4月21日のプリンスの急逝を受けて、訃報のおよそ2週間後には、ミネアポリスのストリングス・グループで、晩年のプリンス作品にも携わったストリンジーニアスも参加する形で“Nothing Compares 2 U”のセルフ・カバーを発表したことも話題になった彼らが、9月に来日することが決定。「A tribute to Prince」と銘打っており、プレスリリースには、“Nothing Compares 2 U”を始め、マッドハウスやプリンス『Sign O' The Times』の楽曲なども披露するトリビュート・ショウになる予定と記されている。公演は、9月3日(土)にビルボードライブ大阪で、4日(日)にビルボードライブ東京でそれぞれ一夜かぎり行われる。現時点で来日メンバーは、セント・ポール、スザンナ・メルヴォワン、エリック・リーズの3名に、セント・ポールやボビー・Z作品にも参加していたギタリスト、オリバー・ライバーや、ミネアポリス在住のドラマー、ペタール・ジャンジクが発表されている。

なおプリンス・ファミリーでは、4月末にプリンスのバンド=レヴォリューションが訃報を受けて再結成を発表。年内にトリビュート・コンサートを行う予定としている。

「エフデラックス来日公演 - A tribute to Prince」

■ ビルボードライブ大阪公演
日時:2016年9月3日(土)1stステージ 開場15:30 開演16:30 / 2ndステージ開場 18:30 開演19:30
価格:サービスエリア 8,500円/カジュアルエリア 7,500円

■ ビルボードライブ東京公演
日時:2016年9月4日(日)1stステージ 開場15:30 開演16:30 / 2ndステージ開場 18:30 開演19:30
価格:サービスエリア 8,500円/カジュアルエリア 7,000円

来日予定メンバー:
St. Paul Peterson (lead vocals/bass/keyboards)
Eric Leeds (saxophone/keys)
Oliver Leiber (guitar)
Petar Janjic (drums)
Susannah Melvoin (Vocals)
その他未定

最終更新:6月16日(木)20時0分

bmr.jp

豊洲へなぜ市場移転 経緯と課題

築地から市場が移転される豊洲で、都が土壌汚染対策をしていなかったことが発覚。そもそもなぜ豊洲に移転するのか、経緯と課題を知る。