ここから本文です

クイーン + アダム・ランバートの日本公演が決定 クイーンのハイレゾが6月22日より配信開始

CDジャーナル 6月16日(木)17時21分配信

 フレディ・マーキュリーの生誕70年、没後25年となる今年、クイーン + アダム・ランバートが2014年8月のサマソニ出演以来、2度目となる来日公演を9月22日(木・祝)と23日(金)に東京・日本武道館で行ないます。また、クイーンの全オリジナル・アルバム、ベスト・アルバム、ライヴ・アルバムのハイレゾ(96kHz / 24bit)がe-onkyo musicにて配信されることが決定。『戦慄の王女』『クイーン II』『シアー・ハート・アタック』『オペラ座の夜』『華麗なるレース』の5作品の配信が6月22日(水)に開始されるのを皮切りに、順次配信。

 クイーン + アダム・ランバートは、クイーンのオリジナル・メンバーであるブライアン・メイ(g)、ロジャー・テイラー(ds)が、若手実力派ヴォーカリストのアダム・ランバートを迎えたバンド。2009年5月に米人気テレビ番組『アメリカン・アイドル』のファイナルで初共演して以来、世界各地で70公演以上を行ない、100万人を超える観客を熱狂させてきました。

最終更新:6月16日(木)17時21分

CDジャーナル