ここから本文です

<白川由美さん>14日に心不全で死去 喪主は長女・友里恵さん

まんたんウェブ 6月16日(木)12時29分配信

 女優の白川由美(本名・二谷安基子)さんが14日午後、心不全のため死去したことが15日、明らかになった。享年79。長女で元女優の二谷友里恵さんが社長を務めるトライグループがファクスで発表した。

【写真特集】沢村一樹主演「ブラック・プレジデント」にも出演

 白川さんは、1936年10月21日生まれ、東京都出身。1956年に東宝に入社し、映画「ならず者」でデビュー。64年に俳優の二谷英明さん(2012年に死去)と結婚し、同年に友里恵さんを出産した。

 80年代からドラマ「家族ゲーム」(TBS系)、NHK連続テレビ小説「純ちゃんの応援歌」、「ママハハ・ブギ」(TBS系)などに出演。90年代以降は「GTO」(フジテレビ系)、「ハケンの品格」「家政婦のミタ」(共に日本テレビ系)、「ドクターX~外科医・大門未知子~」(テレビ朝日系)などの話題作に出演した。

 通夜は17日、葬儀・告別式は18日に近親者で行う。喪主は長女の友里恵さん。

最終更新:6月16日(木)12時29分

まんたんウェブ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。