ここから本文です

【NJKF】羅紗陀が欠場、宮越宗一郎vs白神武央のWBC王者対決が決まる

イーファイト 6月16日(木)16時23分配信

 7月23日(土)東京・ディファ有明で開催される格闘技イベント『NJKF 2016 5th~WBCムエタイ祭り~』の追加対戦カードが発表された。

【フォト】パワフルな攻撃で完勝した宮越宗一郎

 まず、今大会に出場の決まっていた羅紗陀(キング)だが、復帰戦となった5月のヤスユキ戦前から痛めていた背中と腰の状態を悪化させ欠場。当初WBCムエタイ日本統一ライト級王座決定戦が予定されていたが、9月以降にスライドして実施の見込みとなる。

 そして、WBCムエタイ・インターナショナル・スーパーウェルター級王者・宮越宗一郎(拳粋会)vs白神武央(拳之会)が決定。

 両者は2013年7月に対戦し、ヒザとパンチで打ち合いを挑んだ白神に対し、宮越が揺らぐことなくヒジとパンチ、ハイにローと多彩な攻撃と手数で上回って3-0(3者30-28)での判定勝ち。

 その後、宮越は海外や他団体で経験を積み、昨年11月にWBCムエタイ・インターナショナル王座を奪取。一方、白神も2月に2R KOでNJKF王者となると、これで覚醒したかのように、6月12日の岡山大会でメリケン雄人を初回TKOに降し、WBCムエタイ日本統一スーパーウェルター級王者となった。

 宮越が盤石の強さを見せるか、あるいは勢いに乗る白神が上位越えを果たすのか。 

<追加対戦カード>

▼スーパーファイト 70kg契約 3分3R
宮越宗一郎(拳粋会/WBCムエタイ・インターナショナル・スーパーウェルター級王者)
vs
白神武央(拳之会/WBCムエタイ日本統一スーパーウェルター級王者)

最終更新:6月16日(木)16時23分

イーファイト