ここから本文です

<高雄ライトレール>運転区間延長へ=早ければ今月末にも

中央社フォーカス台湾 6/16(木) 14:44配信

(高雄 16日 中央社)高雄市政府交通局は15日、高雄ライトレール(LRT、軽軌)について、凱旋中華―高雄展覧館間2.4キロの区間が交通部(交通省)の検査に合格したとして、6月末の運転区間延長を目指す考えを示した。

同線は全線22.1キロの環状線。現在は籬仔内-哈瑪星の第1期区間8.7キロで正式開業に向けた準備が進められている。そのうち籬仔内-凱旋中華間2.2キロは昨年10月にプレ開業した。

今後運転区間は籬仔内―高雄展覧館間4.6キロに延長される見通し。同市捷運工程局は、無料での体験乗車を当面継続するとしている。

(王淑芬/編集:齊藤啓介)

最終更新:6/16(木) 14:44

中央社フォーカス台湾

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

信用履歴が(まだ)ない人のためのスマートローン
TEDフェローのシヴァーニ・シロヤのスタートアップ企業InVentureでは、携帯電話のデータを使って個人の信用情報を作り上げることで、新興世界に眠っている購買力を目覚めさせようという事業をしています。「クレジット・スコアのようなシンプルなもので、自分の未来を自分で築き上げる力を人々に与えることができるのです」 [new]