ここから本文です

馬前総統、出国不許可の蔡政権に皮肉 「香港がそんなに危険か」/台湾

中央社フォーカス台湾 6月16日(木)15時41分配信

(台北 16日 中央社)馬英九前総統は15日、香港の会合で行った録画映像による講演で、「香港がそんなに危険な場所とは知らなかった」と述べ、国家機密の保持や安全面の問題などを理由に馬氏の香港訪問を認めなかった蔡英文政権を皮肉った。

台湾では国家機密保護法により、国家機密に関わった元政府関係者らが、退職などから3年以内に出国する場合、所属していた機関への許可申請が必要で、先月20日に退任したばかりの馬氏も申請を行っていた。

馬氏は16日に開いた記者会見で、国家機密保護法の規定に理解を示す一方、「機密を知ることと、漏らすことは同じではない」と強調。これを同様に扱うのは、最初から有罪だと決めつける「推定有罪」のようだと批判した。

また、退任後初の海外訪問先に香港を選んだのは蔡総統を困らせるためかという質問には、「受動的だった」と回答し、これを否定。会合は国際的な団体による偏りのないもので、どんな話題を取り上げても誤解を招くようなことは何もないと語った。

(謝佳珍、劉麗栄/編集:杉野浩司)

最終更新:6月16日(木)15時41分

中央社フォーカス台湾

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。