ここから本文です

<芳根京子>朝ドラ収録は「わくわくが止まらない」 「べっぴんさん」今週からスタジオ収録スタート

まんたんウェブ 6月16日(木)17時29分配信

 10月スタートのNHK連続テレビ小説「べっぴんさん」で主演する芳根京子さんが16日、NHK大阪放送局(大阪市中央区)で行われた会見に登場した。同ドラマは神戸・北野異人館街萌黄(もえぎ)の館(神戸市中央区)など兵庫県内を中心にしたロケを終え、今週から同スタジオでの収録がスタート。坂東すみれ役の芳根さんは「現場に来ることが楽しみで仕方なくて。10カ月、すごくすてきな時間になるんだろうなとわくわくも止まらない」といい、「(これまでの収録で)つかんできた“すみれ”としっかり支え合いながら、一緒に頑張っていきたい」と意気込みを語った。

【写真特集】玉緒さんのコメントに思わず…

 また、芳根さんは撮影を終えた神戸ロケについて、「広い場所で撮影するのは解放感があって、すごく気持ちよくて、自然いっぱいで、すてきな建物に囲まれて。一気に世界観に入り込めるというか……。初日から神戸のロケが続いてよかったなと思ってます」といい、「あの広い世界を忘れずに、スタジオでものびのびやっていきたい」と改めて意気込みを語った。

 会見には、主演の芳根さんや、すみれの父の五十八役の生瀬勝久さん、すみれの姉・ゆり役の蓮佛美沙子さん、祖母・トク子役の中村玉緒さんが出席。また、この日新たに出演が発表された、五十八の兄・長太郎役の本田博太郎さん、長太郎の妻・節子役の山村紅葉さん、長太郎の息子の妻・静子役の三倉茉奈さんらも出席した。

 

 「べっぴんさん」は95作目の朝ドラで、神戸市に本社を置く子供服のメーカー「ファミリア」の創業者の一人、坂野惇子さんをモデルにしたヒロイン・すみれの物語。戦後の焼け跡の中、娘や女性のために、子供服作りにまい進するヒロインと家族の姿が描かれる。脚本はテレビドラマ「名前をなくした女神」「ファーストクラス」(ともにフジテレビ系)などを手がけ、フリーアナウンサーの羽鳥慎一さんの妻としても知られている脚本家の渡辺千穂さんが担当する。放送は、10月3日から17年4月1日まで、全151回を予定。

最終更新:6月16日(木)19時2分

まんたんウェブ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。