ここから本文です

ワンチュアンイー、新ドラマで鬼コーチに 若手俳優にスパルタ訓練/台湾

中央社フォーカス台湾 6月16日(木)17時25分配信

(台北 16日 中央社)俳優のワン・チュアンイー(王伝一)は、台湾で7月8日に放送開始される新ドラマ「飛魚高校生」に主演する。役どころは水泳コーチを務める資産家。16日に台北市内で行われたPRイベントでは、水泳チームのメンバーを演じる若手イケメン俳優7人を相手にスパルタ訓練を行い、“鬼コーチ”っぷりを披露した。

チュアンイーは若手7人に対し、腕立て伏せとジャンプを組み合わせた訓練を要求。1、2の号令で動作をさせるのだが、腕を立てている状態の時にわざと長いトークを挟み、若手を苦しめていた。教え子役のアーロン・ライ(頼東賢)は「たった2回だけだったのに死にそうだった」と特訓の苦しみを吐露した。

同作の撮影のため、若手俳優らは水泳と筋力アップのトレーニングを実施。この日のイベントでは、鍛えられた肉体を披露した。チュアンイーが若手を指導することも。教え子役を演じるアイドルグループ4everのロイ(張洛[イ是])は、チュアンイーからバタフライを教えられるとすぐにできるようになったとエピソードを語った。

囲み取材で記者から、どの若手のイケメン度が自分より勝っていると思うか尋ねられると、チュアンイーは「いるわけがない」と断言。自身への自信をのぞかせた。

同作についてチュアンイーは「出演者の肉体が注目されているが、自分が気にしているのは演技がどのように表現されるか」だと言及。「この夏、最も勇敢で熱血なドラマになる」とアピールした。

(名切千絵)

最終更新:6月16日(木)17時25分

中央社フォーカス台湾

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。