ここから本文です

TVアニメ『炎のアルペンローゼ ジュディ&ランディ』のメモリアルBlu-rayが発売決定

CDジャーナル 6月16日(木)17時21分配信

 2017年10月に創立55周年を迎えるアニメ制作会社の老舗タツノコプロによる、初の少女漫画原作アニメ『炎のアルペンローゼ ジュディ&ランディ』(1985年)。TVシリーズ全20話を初めてパッケージ化したメモリアルBlu-rayが12月7日(水)に発売されます。

 第2次世界大戦下のヨーロッパ。飛行機事故で両親と離ればなれになり、一人で花畑に倒れていた少女は、少年ランディに助けられ、“ジュディ”と名付けられる。彼女の記憶に関わるのは、オウムのプランタンが覚えていた「アルペンローゼ」という言葉のみ――。漫画家・赤石路代の作品『アルペンローゼ』(フラワーコミックス刊)をアニメ化した本作は、失くした記憶と両親を捜すべく旅に出る少女の姿を描いたもの。今回のリリースでは、オリジナル・マスターからデジタル・リマスタリングした“ハイレートSD(480i)”画質で、約8時間に及ぶ内容をBlu-ray1枚に収録。原作の赤石による描き下ろしBOX、複製ミニ色紙、またAmazon.co.jp限定でB2布ポスター(BOX用描き下ろしイラスト使用)など豪華特典が用意されています。

(C)赤石路代・小学館 / タツノコプロ

最終更新:6月16日(木)17時21分

CDジャーナル

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。