ここから本文です

砂漠を冒険する3DS用RPG『Ever Oasis(米国名称)』発表! プロデュース&ディレクションは石井浩一氏【E3 2016】

ファミ通.com 6月16日(木)12時2分配信

●日本では2017年に発売予定
 2016年6月14日~16日(現地時間)、アメリカ・ロサンゼルスで開催されている世界最大のゲーム見本市“E3(エレクトロニック・エンターテインメント・エキスポ)2016”。そのなかで、ニンテンドー3DS用の新作アクションアドベンチャーRPG『Ever Oasis(米国名称)』(任天堂)が発表された。日本では2017年発売予定。

 本作の舞台となるのは、砂漠とそこにあるオアシス。主人公はオアシスに住む“タネビト”と呼ばれる種族のひとりで、水の精霊であるイスナといっしょにオアシスの発展を目指す。オアシスの長でもある主人公の仕事はさまざま。ときにはオアシスの外に広がる広大な砂漠にも出かけていかなければならないが、砂漠には“カオス”と呼ばれる恐ろしい存在や魔物、謎めいた洞窟も……。特技や扱える武器の違う仲間・旅人たちと力を合わせて、オアシスを育て、守るため、危険な砂漠を冒険しよう。


 なお本作は、『聖剣伝説』シリーズの生みの親であり、『ファイナルファンタジーXI』のディレクターとしても知られる石井浩一氏(グレッゾ代表取締役)がプロデューサー兼ディレクターを担当している。

 ゲームのさらなる概要や、石井氏からのメッセージは、任天堂公式サイト内“トピックス”へ。

最終更新:6月16日(木)22時45分

ファミ通.com