ここから本文です

ボブ・ディラン、ファンのリクエストに応え「Free Bird」をパフォーマンス

BARKS 6月19日(日)13時5分配信

ボブ・ディランが、先週(6月9日)米カリフォルニアで開いた公演で、オーディエンスからのリクエストに応え、レーナード・スキナードの名曲「Free Bird」(1974年)をパフォーマンスしたそうだ。

◆ボブ・ディラン画像

アメリカでは、誰の公演であれ、「Free Bird!」と叫ぶオーディエンスが現れるのは珍しいことではないらしい。が、大半のミュージシャンは無視するし、観客もウンザリ気味のようだ。この夜も、叫んだ人(酔っ払い)はほかのオーディエンスからひんしゅくを買ったそうだが、ディランはアンコール最後の曲「Love Sick」の終わりに「Free Bird」の一部を加えてくれたという。これには、オーディエンス、そしてそれを伝えるメディアもビックリしたそうだ。

5月に新カバー・アルバム『Fallen Angels』をリリースしたボブ・ディランは、現在、北米ツアー中。10月には、ザ・ローリング・ストーンズと同日に米カリフォルニアで開かれる<Desert Trip>フェスティバルでプレイする。

Ako Suzuki

最終更新:6月19日(日)13時5分

BARKS

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。