ここから本文です

クラレが韓国・蔚山にPVBフィルム工場増設 起工式開催

聯合ニュース 6月16日(木)10時51分配信

【蔚山聯合ニュース】日本の化学繊維製造大手のクラレ(東京都千代田区)が16日、韓国南東部の蔚山市で増設されるポリビニルブチラール(PVB)フィルム工場の起工式を行った。

 PVBフィルムは騒音防止機能に優れ、自動車のフロントガラスなどに使われる。

 同市はクラレの増設投資により5000万ドル(52億8300万円)の投資誘致に成功した。地元の化学・自動車産業のグローバル競争力の強化につながると期待している。 

 世界28カ国に生産・販売拠点を持つクラレがアジアにPVBフィルム工場を建設するのは蔚山が初めて。蔚山工場をアジア市場の需要を取り込む生産拠点として成長させる計画だ。

 起工式には金起ヒョン(キム・ギヒョン)市長やクラレの伊藤正明代表取締役社長ら約100人が出席した。

 金市長はあいさつで「蔚山とクラレが共に築いてきた投資パートナーシップが実を結びうれしく思う。投資モデルの成功例になるよう支援し続けたい」と述べた。

最終更新:6月16日(木)10時53分

聯合ニュース