ここから本文です

<Kリーグ>元審判委員長2人に八百長関与疑惑、“職権乱用”か…検察捜査中

WoW!Korea 6月16日(木)11時51分配信

一部のクラブチームが有利な判定を前提に審判を買収した情況が捉えられ、韓国サッカー界が不明瞭な中、今回は、元プロサッカー連盟審判委員長が不正に関与したと見られ、再び衝撃を与えている。

 16日、釜山(プサン)地検外事部(キム・ドヒョン部長検事)がプロサッカー連盟の元審判委員長AとBを数回に渡り召還調査し、不正疑惑を確認、起訴の有無を検討していることが明らかとなった。プロサッカー連盟の関係者はこの日、「連盟も昨日(15日)初めて、この内容に接した」と伝えた。

 審判に有利な判定を請託し支援金を渡した容疑で、最近起訴された全北(チョンブク)現代のスカウトマンを捜査する過程で、彼らの疑惑が浮上したと見られる。

 検察はまだ、2人の容疑を明らかにはしていないが、彼らが委員長としての在職時期に、試合配分権を有していたことを念頭に置き、金品授受の可能性を捜査している。

 なお、Aは2008年から2012年まで、BはAの後任で2012年から2014年まで委員長を務めた。

 韓国プロサッカー連盟は昨年から審判配分システムをすべてコンピュータ自動システムに切り替えたが、以前までは審判委員長が影響力を持っていた。検察はその“配分権”を武器に不正への介入がありえるという前提で、捜査を進めていると見られる。

最終更新:6月16日(木)11時51分

WoW!Korea

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]