ここから本文です

キリン一番搾り福島づくり 仙台工場でホップ投入式

福島民報 6月16日(木)9時43分配信

 キリンビールが県内で限定販売する「一番搾り 福島づくり」のホップ投入式は15日、仙台市の同社仙台工場で行われた。8月2日に販売を開始する。 
 都道府県ごとに味わいの異なる一番搾りをつくるプロジェクトの一環。「福島づくり」は、うま味のあるしっかりした料理に合い、軽やかで華やかな香りが際立つ味とした。 
 投入式には、サッカー日本代表専属シェフを務める福島県広野町の西芳照さん、福島民報社の多田勢子たいむ編集長ら商品のコンセプトづくりに協力した5人と関係者が出席した。キリンビールマーケティングの橋本岩男福島支社長が「福島づくり」の味の特徴を決めた経緯などを説明した。 
 仕込み室に移動し、橋本支社長と5人がビールの爽やかな苦味と香りをつけるホップを仕込み釜に振り入れた。 

福島民報社

最終更新:6月16日(木)12時9分

福島民報