ここから本文です

“リオ出場不可”パク・テファン側、最終決定に不服…あらゆる法的手段を検討

WoW!Korea 6月16日(木)17時19分配信

大韓体育会の国家代表選抜規定により、リオ五輪出場が不可能とする最終決定が下された競泳の元韓国代表パク・テファン(26、朴泰桓)側があらゆる法的手段を動員させる計画だ。

パク・テファンの紹介と写真

 パク・テファンの所属チームGMPは16日午後、ソウル市内で緊急記者会見を開き、「体育会の善処を待ち望んだが、きょう体育会が国家代表選抜規定を存続すると最終決定を下した。これ以上、善意にのみぶらさがることができず、スポーツ仲裁裁判所(CAS)に速かに(保留となっていた)仲裁審議を開始するよう要請した」と明らかにした。

 パク・テファン側は去る4月26日、CASに仲裁申請をしたが、体育会の立場の変化を望み、ひとまず保留にした状態だった。

 イム・ソンウ法務法人クァンジャン弁護士は「手続きを保留にしたのは、体育会と円満に問題を解決するためだった。さまざまな努力を尽くしたが、残念な結果に終わった」として、「あらゆる法律的措置を検討している」と伝えた。

 特に、パク・テファンの仲裁申請は五輪出場の可否がかかっているため、CASも決定を急ぐものと見られる。

最終更新:6月16日(木)17時19分

WoW!Korea

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。