ここから本文です

朴大統領 改革・経済活性化への意欲示す

聯合ニュース 6月16日(木)17時32分配信

【ソウル聯合ニュース】韓国の朴槿恵(パク・クネ)大統領は16日、「4大構造改革と経済革新3カ年計画を支障なく終え、経済を再び飛躍させ国民生活をアシストすることに最善を尽くす」と述べた。国家有功者など約250人を青瓦台(大統領府)に招いて行った昼食会で、改革を通じた経済活性化への思いを強調した。

 4大構造改革は朴大統領が掲げる労働・公共・金融・教育部門の改革で、3カ年計画は経済の持続的な成長に向けた政策。

朴大統領は「私は国民の底力を信じており、意志を募りもう一度立ち上がれば、危機を機会に変え、より大きな発展を成し遂げることができると確信している」と力をこめた。

 また、韓国が安保、経済、社会などあらゆる分野で厳しい立場に直面していると指摘。その上で、「政府はぶれることなく国際社会との緊密な協力のもと、対北制裁を強化し、必ず北の非核化と朝鮮半島の平和を実現する」と述べた。

 また出席者に対し、命をかけて国を守ってくれた人たちがいたおかげで、韓国は現在のように発展することができたと謝意を伝えた。

 朴大統領領は2013年に大統領に就任して以降、毎年6月に国家有功者やその家族などを招いて昼食会を行っており、今年は朝鮮戦争に参戦して功績があった人の遺族などが招待された。

最終更新:6月16日(木)17時58分

聯合ニュース

豊洲へなぜ市場移転 経緯と課題

築地から市場が移転される豊洲で、都が土壌汚染対策をしていなかったことが発覚。そもそもなぜ豊洲に移転するのか、経緯と課題を知る。