ここから本文です

【新興株まとめ】アキュセラショックを断ち切り東証マザーズ指数は節目の1,000ポイントを底に切り返す

投信1 6/16(木) 10:25配信

新興株市場の振り返りーマザーズ指数は立ち直り+3%の反発

2016年6月15日(水)の新興株市場は、JASDAQ指数が対前日比+0.7%上昇、これに対して東証マザーズ指数は同+3.3%の上昇になりました。TOPIXは同+0.4%上げましたので、新興市場はそれを上回りしっかり反発したと言えます。

マザーズ市場の出来高は8,275万株、売買代金は2,199億円で、ともに前日から減少しています。値上がり銘柄数は151、値下がり銘柄数は68、変わらずは5銘柄でした。

マザーズ市場はアキュセラショックを払拭

マザーズ時価総額トップ3はミクシィ <2121> が同+6%、そーせいグループ <4565> が同+6%、CYBERDYNE <7779> が同+4%といずれも大幅反発しました。

マザーズでの売買代金上位は、1位がそーせいグループ、2位が広告モデルの電子雑誌を手掛けるブランジスタ <6176> 、3位がアキュセラ <4589> でした。

マザーズの上昇率トップは検索エンジンマーケティングのコンサルティング業を営むアウンコンサルティング <2459> で同+24%上昇、2位がWebサイト最適化サービスを提供するショーケース・ティービー <3909> で同+21%上昇、3位がエネルギー関連事業や仮想通貨の取引交換所運営を目指すリミックスポイント <3825> で同+18%上昇でした。

一方、下落率トップはモバイルマーケティング事業・O2O事業を手掛けるGMO TECH <6026> で同▲13%下落、2位は電子基板の外観検査装置などを製造するインスペック <6656> で同▲12%下落、3位は地場の住宅関連業者に対しソリューションを提供するハイアス・アンド・カンパニー <6192> で同▲12%下落でした。

アキュセラは同▲7%下落しました。朝方ストップ安を付けましたがそれを安値にじり高して引けています。

1/2ページ

最終更新:6/16(木) 10:25

投信1

チャート

ミクシィ2121
4040円、前日比+50円 - 12/9(金) 15:00

チャート

そーせいグループ4565
13250円、前日比+760円 - 12/9(金) 15:00

チャート

CYBERDYNE7779
1423円、前日比+15円 - 12/9(金) 15:00