ここから本文です

“筋肉アイドル”才木玲佳が“ミス白百合”滝川あずさに勝利!

バトル・ニュース 6/16(木) 5:10配信

 15日、練馬Coconeriホールにて行われた東京女子プロレス『ねりまLOVEりん』にて“筋肉アイドル”才木玲佳と“ミス白百合”滝川あずさのシングルマッチが行われた。

 才木は2015年10月に開校された現役プロレスラーが指導する「プロレス総合学院」の一期生。慶応義塾大学卒業の才女にして、武藤敬司の団体WRESTLE-1の公式サポーターを務めるアイドルユニット『Cheer1(チアワン)』のメンバーでもあり、自身もK-1アマチュア大会に出場するなど文武両道な女性だ。
 可愛らしい150cmのルックスとは裏腹に、「ベストボディジャパン2015」関東大会5位に入賞し100kgのバーベルを持ち上げるほどの筋肉の持ち主であることからそのギャップに様々な業界から注目が集まっている。

 そんな才木の東京女子プロレス第一戦の相手に選ばれたのは、『アナウンサーになるためにプロレスラーになった』という異色の経歴を持つ滝川あずさ。滝川も白百合女子大学在学中にミス・キャンパスに選ばれた才色兼備な女子レスラーだ。

 試合はあずさがサミングやロープを使った攻撃などを行い手段を選ばず顔を攻めていくが、才木は力技でフェイスロックを解くとボディスラムからコーナーに登る。だがアナウンサー志望のあずさは突然マイクを持ちリング上から試合の実況を始めると、困惑する才木を煽てて四方にダブルバイセップスやサイキンニクポーズを決めさせる。笑顔で観客からの拍手を受ける才木をあずさは後ろから蹴りつけてコードブレイカーからトラースキック。フォールを返した才木に再度コードブレイカーも、これをキャッチした才木がブレーンバスターからキャメルクラッチで捕らえてあずさからギブアップを奪った。

 勝利した才木は「とにかく勝ててよかったなと安心してます。入場した時にすごい沢山紙テープを投げてくださった方がいたので、それだけ多くの方が応援来てくれてる中勝てたことがすごくよかったなと思ってます。今日闘った滝川あずささんは途中でマイクのパフォーマンス?の実況はじめてすごい戸惑いがありました。そういうの絶対ないじゃないですか(苦笑)これからもこうして筋肉アイドルっていうのを軸に、色んな所で活躍できる存在になれたら良いなと思います」と今後の東京女子プロレス継続参戦も含めてレスラーとして活躍する意気込みを語った。

最終更新:6/16(木) 9:06

バトル・ニュース

なぜ今? 首相主導の働き方改革