ここから本文です

キスシーンに絶賛の“嵐”!大野智主演ドラマ「世界一難しい恋」最終回に「あんな可愛いキスシーンある?」「なんて微笑ましい」

E-TALENTBANK 6/16(木) 11:11配信

昨日、最終回を迎えた嵐・大野智主演ドラマ「世界一難しい恋」。気難しいホテルチェーンの社長・鮫島(大野智)が、美咲(波瑠)に初恋をし、不器用ながらも成長していく姿を描いたラブコメディーだ。

昨日の最終回では、結婚を前提とした同棲を目指す鮫島と、もっとゆっくり話を進めたいという美咲のエピソードが描かれ、物語はラストを迎えた。

視聴率も同作品最高を記録したと報じられた最終回。視聴者からはこの最終回にTwitterで「社長最後の最後までかわいかったな~」「こういう微笑ましい2人の恋愛を見守るドラマの視聴率がいいのを見ると日本もまだまだ捨てたもんじゃないなぁと思う。」「余韻を残しつつ、続きが観たくなる優秀なドラマだ。」「素敵なドラマだったから、最高の終わり方になったね」「セカムズ2人らしい終わり方やったね」と、賞賛の声が次々と上がっていた。

また、大野智が昨日朝の情報番組で「キスします」と断言した通り、キスシーンが描かれたが、これに対しても「あんな可愛いキスシーンある?」「何回見てもキスシーン微笑ましい・・・」「なんて微笑ましいキスなんだー!!」「キスシーン何回見てもヒャーって声が出てまう」「もうずっとセカムズのキスシーンが離れない」と絶賛のコメントが多く、ファンも納得のシーンとなったようだ。

そして、この最終回には、嵐のメンバー・櫻井翔が本人役で出演していたが、こちらも「櫻井キャスターとの絡みも最高だった!」「櫻井キャスターに応えるぎこちなさも全てがかわいかった社長~」「社長と櫻井くんのコラボ最高だったなー。」と、ドラマの中での共演に喜ぶ人が多かったようだ。

最終更新:6/16(木) 11:11

E-TALENTBANK

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]