ここから本文です

高須院長、ドクターストップで入院&緊急手術「原因不明の高熱で意識不明」

トレンドニュース(GYAO) 6月16日(木)13時47分配信

高須クリニック院長の高須克弥氏が、入院して緊急手術を受けたことがわかった。腹痛や原因不明の高熱といった症状を明かしている。

高須氏は6月11日にブログで、前日から高熱が出ており、「今朝になったら症状悪化 40度の高熱 目眩がして歩けない」と体調不良を明かしていた。その際は「やけくそになって高須クリニックの鎮痛剤と解熱剤をしこたまのんでみた あら不思議 元気になっちまったぜ」といったん回復したことを伝えていたが、完全回復とは至らなかったらしい。13日には「高須病院入院なう」「いっぱい点滴なう」とTwitterで報告し、また15日夕方には「たぶん今夜大手術」とツイートしていた。

高須氏はネット配信番組に出演する予定だったのだが、15日、「バンバンの仕上がりだったのに5日前より腹がいたくなり原因不明の高熱で意識不明。僕は約束を死んでも守る主義。解熱剤と鎮痛剤をいっぱい使って参加予定だったがドクターストップかけられ入院緊急時手術なう」と出演キャンセルとなり少々悔しげな様子をのぞかせた。

緊急手術とは思わず心配してしまうが、高須氏は6月16日には、「奇蹟の回復を続けるかっちゃんなう」と笑顔で病院のベッドに横たわる自身の写真をTwitterにアップしており、ひたすら明るい調子だ。なお病名については明かされていない。

(文/原田美紗@HEW)

最終更新:6月16日(木)13時47分

トレンドニュース(GYAO)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。