ここから本文です

社長ら6名が死体遺棄容疑で逮捕された福島いわき市の(株)武蔵建設が破産

東京商工リサーチ 6月16日(木)17時8分配信

 (株)武蔵建設(TSR企業コード:153053933、法人番号:4380001014619、いわき市久之浜町末続字塩民79、設立平成17年9月、資本金900万円、日向寺大蔵社長)は6月6日、東京地裁より破産開始決定を受けた。破産管財人には高松薫弁護士(隼あすか法律事務所、東京都千代田区霞が関3-2-5、電話03-3595-7070)が選任された。
 負債総額は約2億2800万円(平成27年3月期決算時点)。
 土木工事請負を目的に設立。その後、介護事業に進出し、平成19年1月には「デイサービスセンター夢」、同年10月には「有料老人ホームやすらぎの里夢」をそれぞれオープンした。
 近年は除染事業の下請で業績を伸ばし、27年3月期には3億5505万円の売上高を計上した。
 しかし、28年5月17日、当社敷地内に男性が遺棄されていた事件で、当社社長を含め関係者6名が逮捕された。このため、今後の事業運営の見通しが立たなくなり、今回の措置となった。

東京商工リサーチ

最終更新:6月16日(木)17時8分

東京商工リサーチ