ここから本文です

つづら折りの参道にアジサイ 色とりどりに咲く

両丹日日新聞 6月16日(木)15時3分配信

 京都府福知山市夜久野町畑の円満院(山崎淳道住職)のアジサイが見ごろを迎えた。紫、ピンク、白など色とりどりの花が咲き、日ごとに訪れる人たちが増えている。

 同寺は「山里にあるアジサイ寺」として知られ、来場者が年々増える傾向にある。開花状況を尋ねる電話も府内外からあり、大型バスが訪れることもある。

 約1500株3万本が、高台にある寺院に続くつづら折りの参道沿いや本堂、駐車場付近に咲く。梅雨空の下、グループで訪れて花見を楽しむ姿がみられる。6月いっぱいが見ごろだという。

26日に地域の有志がまつり

 26日午前11時から午後3時まで、あじさいまつりが開かれる。

 昨年までは同寺観音講が、主に檀家を対象に催していたが、今年は畑地域の有志が、地区外の人たちにも広く参加を呼びかけて開く。

 本堂を開放してもらい、休憩場所にし、おでんやおにぎり、コーヒーなどを販売する。

 同寺に、市街地から行く場合、国道9号の夜久野トンネルを抜けて最初の信号を右折し、案内看板に沿って山間の道を6キロほど進む。

両丹日日新聞社

最終更新:6月16日(木)15時3分

両丹日日新聞