ここから本文です

シリコンバレーならぬ“シリコンアレー“?相性のいい業種は?ニューヨークのスタートアップ事情

SENSORS 6/16(木) 13:00配信

福岡市天神にあるクリエイティブセンター福岡にて開催されたイベント「NewYork Tech Startups x Future of Healthcare」。金融やメディア事業の印象が強いが、スタートアップの分野でも盛り上がりを見せているというニューヨーク。ニューヨーク発の医療系スタートアップに勤務し、自らも起業家として、かつ現地で起業支援を行う奥西正人氏によってこのイベントで語られた現地スタートアップ事情をお届けする。

今回のイベントでは奥西氏によるトークと、奥西氏と九州医療センターの医師の方々によるヘルステック分野における現状と課題についてのクロストークが行われた。本記事では、奥西氏によるニューヨークのスタートアップのリアルな潮流が語られた模様をレポート。

奥西氏は大阪生まれ、1997年に語学留学生としてアメリカ南部に渡米し、その後現地の大学へ進学。大学卒業後、西海岸にてエンジニア並びにマネージャーとして勤務したのちに、2004年にはニューヨークへと移住。その後、同地区の医療系スタートアップにジョインし現在に至る。日本とニューヨークのテクノロジーを支援する「Japan NYC Startups」グループでも活動中。

シリコンアレーと呼ばれる由来

奥西氏がスライドに映し出したのは、「Kickstarter」「tumbler」「Esty」 「Foursquare」などのロゴマーク。これらの共通点はひとつ、ニューヨーク発のスタートアップだ。昨今、ニューヨークのスタートアップ情勢が盛り上がっている背景と歴史について、奥西氏はこう語る。


奥西:ニューヨークというと、金融、不動産、メディアなどを想像されると思います。スライドに映したニューヨーク発スタートアップを見てもわかるように、今シリコンバレーだけでなく、ニューヨークでもテクノロジーの分野が盛んになってきています。最近では、カリフォルニア州の盆地地帯(Valley)「シリコンバレー」に対して、ニューヨークの路地(Alley)を意味する「シリコンアレー」というあだ名もつくようになりました。具体的にはニューヨーク州マンハッタンを中心に、テック系企業が集まる場所を指します。通常、ニューヨークの企業はミッドタウンやダウンタウンに多いのですが、テック系企業に関しては、観光客が集まる場所に位置しています。
例えば、今現地で話題になっているのは「WeWork」です。コワーキングスペースをベースに始まった不動産とインテリアが合体したようなスタートアップと言われています。「Blue Apron」はデリバリー。実際に自分が作る料理のための素材をデリバリーしてきてくれて、それをそのまま料理するという、いわば買い物が簡単になったようなサービスです。

1/3ページ

最終更新:6/16(木) 13:00

SENSORS

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

「水中に潜む本当の危機」
インドガリアルとキングコブラはインドの象徴ともいえる爬虫類ですが、水質汚汚濁のために存亡が危ぶまれています。環境保護者のロミュラスウィトカーがこの素晴らしい動物たちの貴重な映像をお見せして、彼らのそして私達の生活を支えている川の保全を訴えます。