ここから本文です

LME非鉄、軒並み軟調。三井金属、亜鉛建値9000円下げ

鉄鋼新聞 6/16(木) 6:00配信

 ロンドン金属取引所(LME)非鉄市況は現地14日、アルミを除き軒並み下落。米、中国の政策動向の不透明感やドル高傾向を受けて市場に様子見ムードが広がっており、非鉄市場も軟調に推移した。三井金属は15日、電気亜鉛建値を9千円引き下げ26万5千円にすると発表。5日ぶりの改定で、15日時点の月内平均価格は26万6100円となった。

 銅は前日比4・5ドル安の現物4510・5ドル(前場、セツルメント価格)、先物4519ドル(後場)。目先に米国の政策金利を決める連邦公開市場委員会(FOMC)を控えていることもあり、前日に続き投資家のリスク回避の心理が働いたもようだ。4500ドル台を中心とした狭いレンジ内取引となった。
 亜鉛は同41・5ドル安の現物2019・5ドル、先物2024ドル。三井金属によると、亜鉛市況も他の金属同様にFOMC会合の影響で軟調な展開。また、英国のEU離脱懸念の高まりも足かせとなっているという。
 為替は足元で1ドル=107円8銭(TTS)と前回比98銭円高に振れ、国内価格を押し下げるかたちとなった。

最終更新:6/16(木) 6:00

鉄鋼新聞

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。