ここから本文です

杉田祐一 2回戦敗退、最後2ptで中断も挽回ならず<男子テニス>

tennis365.net 6月16日(木)1時24分配信

ゲリー・ウェバー・オープン

男子テニスのゲリー・ウェバー・オープン(ドイツ/ハーレ、芝、ATP500)は15日、シングルス2回戦が行われ、予選を勝ち抜いた世界ランク102位の杉田祐一(日本)は同40位のA・セッピ(イタリア)に3-6, 0-6のストレートで敗れ、ATPツアー大会で今季初のベスト8進出とはならなかった。

この試合、第1セットのゲームカウント2-4とセッピにリードを許したところで雨により一時中断。その後、約1時間後に再開し第1セットを落とすと、勢いに乗ったセッピを止められず、第2セットはゲームカウント0-5と追い込まれる。

その後、30-30となったところで雨により一時中断。再開するも流れを引き戻せず、わずか50分で敗れた。

杉田は今大会の予選を勝ち抜き、本戦1回戦で世界ランク63位のT・フリッツ(アメリカ)を7-6 (7-4), 2-6, 6-3のフルセットで下して今季のツアー大会で初勝利をあげての勝ち上がりだった。

一方、勝利したセッピは今大会の1回戦で第6シードのD・フェレール(スペイン)を下して2回戦へ駒を進めた。

準々決勝で世界ランク192位のF・マイヤー(ドイツ)と対戦する。マイヤーは、同日の2回戦で第2シードの錦織圭(日本)と対戦する予定だったが、錦織の棄権により戦わずして準々決勝進出を決めた。

tennis365.net

最終更新:6月16日(木)1時24分

tennis365.net