ここから本文です

沖縄地方で梅雨明け 平年より7日早い

ウェザーマップ 6月16日(木)11時3分配信

 沖縄気象台は16日午前、沖縄地方が6月16日ごろに梅雨が明けたとみられると発表した。平年よりも7日早く、昨年よりも8日遅い梅雨明け。

 同地方は先月16日に平年より7日遅く梅雨入りし、梅雨の日数は31日間だった。
 今年は梅雨入りが遅れ、梅雨明けが早かったことで、梅雨の期間は平年よりも2週間ほど短くなった。

 期間の降水量は、那覇で389.5ミリ(平年比130%)、久米島で553.5ミリ(平年比163%)と、多くの所で平年を上回ったが、石垣島、西表島、与那国島では平年より少なかった。
 気象台によると、この先しばらくは太平洋高気圧に覆われて晴れる日が多い見込み。

最終更新:6月16日(木)11時16分

ウェザーマップ