ここから本文です

ホンマ最高。チーフス山下裕史、ハカの感激を語る。

ラグビーリパブリック(ラグビーマガジン) 6月16日(木)10時58分配信

 特別な時間だった。
「高まるものがあったというか、ホンマにいい経験になりました」
 6月14日、ホームグラウンドでハカを披露した日本人PRは感激していた。チーフス オリジナルのハカ『He piko, He taniwha』には『すべてにおいて最上であれ』という意味が込められていたそうだ。

スコットランド代表ぬかりなし。レイドロー主将、淡々と打倒ジャパンを語る。

 同日、ホームのFMGスタジアムワイカトでNZ遠征中のウエールズ代表とミッドウィークマッチを戦った。チーフスは、ウインドウマンス(国際交流期間)によるスーパーラグビー休止中におこなわれたビッグマッチに40-7と大勝、地元ファンを喜ばせた。この試合に先発したPR山下裕史(神戸製鋼/日本代表キャップ49)は後半途中まで出場。試合前には「ハカ」を演じた。

「(これまでの)テストマッチで、ハカは見るものでした。まさか(自分が)やることになるとは夢にも思っていませんでした」
 山下は試合の翌日、そう話した。ハカの練習には事前からチームで取り組んでいた。
「チーフスはチームにハカがあり、シーズン当初からTKB(SHタウェラ・カーバーロー)らの主導て定期的に練習していました」
 それは、2週間に1回ほどのペースで継続されてきたという。
「ウエールズ戦のメンバーが決まってからは、ヒカ・エリオット(HO)を中心にほぼ毎日、午前と午後のトレーニングの間に30分くらいハカの練習をしました。ワイカトスタジアムでのスーパーラグビーの試合前にハカを踊っているグループのリーダーの方がチームに来てくれて、『自分の家族を守るために戦う』というマオリのハカの意義などについて講義もしてくれた」
 ワイカト地域の代表として戦うのだ--。選手たちの胸には、その誇りと責任が深く刻まれ、戦いに臨んだ。
 スーパーラグビーを制したなら、ふたたびチーフスのハカがファンの前で演じられる。山下は「そうなれば最高」と笑顔だった。

(文/西尾建)

最終更新:6月16日(木)10時58分

ラグビーリパブリック(ラグビーマガジン)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。