ここから本文です

総再生数2億3千万回・現役大学生YouTuber「水溜りボンド」に聞く ウケる動画の作り方とは

SENSORS 6月16日(木)13時0分配信

2015年1月にYouTuberとして動画の投稿を開始し、わずか1年半でチャンネル登録者数が65万人という人気YouTuberに成長した水溜りボンド。 普通の大学生の二人がなぜ過去に類を見ないほどの短期間でこれほどまで注目を集め、人気を誇っているのか。 1年半毎日欠かさず20時に動画を投稿し続ける彼らに、ウケる動画づくりの秘訣を聞き出した。

沢山の人に知ってもらいたいという思いで始めたYouTube

お笑いサークルに所属していた水溜りボンドは、テレビのコント番組の予選にも出場。 3000組から300組まで残った経歴もある。しかし、300組から70組まで絞る予選の際、沢山のプロの芸人の凄さを知ったと同時に自分たちのライブにわざわざ足を運んでくれる友人の大切さと少なさを実感する。 この経験からもっと沢山の人に自分たちの活動を見てもらいたいという思いが強まり、YouTuberとして活動することを決めたという。


--どうして沢山の人に知ってもらおうと考えた時に、YouTuberという手段を選んだのでしょうか?

カンタ:たくさんの人がお笑いを何で見てるかと考えた時に、それはYouTubeでした。 僕は生でライブを見る楽しさを知っているけれど、そう簡単に劇場に足を運べない人はたくさんいます。 そんな人たちに自分たちの存在を知ってもらうきっかけを、YouTubeで作りたいと考えました。

トミー:コンビで話し合って、自分たちがやりたいことに一番合った方法が、YouTuberになることでした。

--お二人が考える、YouTubeの良さはなんでしょうか?

カンタ:YouTubeは通学の電車の中で見れたり、友人にURLを送ったらいつか見てもらえたりします。 一方でライブは、ネタを考えて、練習して、覚えてとかなりの時間がかかるのに、本番のライブでミスをしたら終わってしまう。 それがYouTubeだと話しながら自分で編集点を作ることだってできる。 あとで動画を見返せば構成を客観的に作れるし、ミスを恐れず何度だって挑戦できるのがYouTubeの魅力の一つです。

トミー:アップロードした一本目の動画なんて今思えばすごくクオリティも低いんですが、1日で100再生されました。 YouTubeで100再生ってすごく少ない数に聞こえるけれど、100人をライブに呼ぶことなんて当時の自分たちにはできなかったのでとても嬉しかったのを覚えています。

カンタ:毎日配信できるのもいいところです。映画は1年近くかけて作るものとして、テレビは一週間で作るものだとします。 それに対して自分たちは一日一本必ず動画を作る。だからこそ、クオリティは少し下がってしまうかもしれないけど、とにかく量と自分ができる限りの質で勝負しようと思っています。

1/3ページ

最終更新:6月16日(木)13時0分

SENSORS