ここから本文です

SLや寝台特急の機関車などが一堂に 盛岡で鉄道イベント7月開催

乗りものニュース 6月16日(木)14時0分配信

車内見学ができる列車も

 JR東日本・盛岡支社は2016年6月14日(火)、盛岡駅から徒歩約30分、バスだとおよそ20分の所にある盛岡車両センター(岩手県盛岡市)において、7月28日(木)に「盛岡車両センターまつり」を開催すると発表しました。午前10時30分開場、入場無料、雨天決行です。

 会場では、主に釜石線の快速「SL銀河」で使用されているC58形蒸気機関車239号機をはじめ、寝台特急「北斗星」「あけぼの」「はくつる」などを牽引(けんいん)したEF81形、ED75形電気機関車、さらにDD51形、DE10形ディーゼル機関車などが勢ぞろい。イベント列車などとして使用される485系電車の「ジパング」「宴」や、大船渡線を中心に走るキハ100系ディーゼルカー「POKEMON with YOU トレイン」は車内見学も実施されます。

 車両展示のほかにも「ジパング」での車内マイクを使った車内放送体験や、特設コーナーでの検査ハンマーを使った打音検査体験を企画。また、「ミニ新幹線」の運転や鉄道模型(Nゲージ)のジオラマ展示、鉄道グッズや駅弁の販売なども行われる予定です。

乗りものニュース編集部

最終更新:6月17日(金)17時24分

乗りものニュース