ここから本文です

安藤泰洋さん、腰、大丈夫ですか? 18日、おひざ元でスコットランド戦へ。

ラグビーリパブリック(ラグビーマガジン) 6月16日(木)11時1分配信

 前半だけで退いた。ベンチに下がるや、腹回りにコルセットを巻く。直前まで停滞ムードを変えるプレーを重ねていただけに、疑問の声すら上がっていた。

2勝して帰る。スコットランドの天才 スチュアート・ホッグ、自信あふれる。

 現地時間6月11日、バンクーバーのBCプレイススタジアム。26-22で勝利したカナダ代表とのテストマッチで、安藤泰洋はFLとして躍動も、自らの判断で退いた。マーク・ハメット ヘッドコーチ(HC)代行は説明する。

「腰を痛めていたようです。彼が正直に申し出てくれたことはよかったです」

 安藤は、3年前にヘルニアを患った。いまでも「年に1、2回くらい」は、激しい腰痛に悩まされるという。「その1回が…来ました」。発症したのは、カナダ代表戦の3日前だった。どうにか試合出場は果たしたが、あまりの強い張りにパフォーマンスの衰えを自覚したという。

「やろうと思えば、できたかもしれない。ただ、日本代表としては…と。今後も考えて、言いました」

 ランナーとして相手とぶつかる際には、その場に適した身のこなしでボールを確保する。

 前半28分には、敵陣10メートル線中央でターンオーバーすると同22メートル上まで前進。目まぐるしい展開に味方のサポートが近くにいないのを察すると、タックラーとぶつかる際に球を腹の下へ隠す。低い前傾姿勢で、股下にボールを置く。援護が来るまで、相手に宝を奪われないよう「時間を稼いだ」のだ。

 かねて球際の名手として知られた安藤は、今春、一気に出生街道を駆け上がっている。国際リーグに日本から初参戦するサンウルブズに追加招集されると、4月23日の第9節でデビューを飾る。ホームの東京・秩父宮ラグビー場でジャガーズを36-28で下し、クラブ史上初勝利に喜んだ。翌週の30日には、神奈川・ニッパツ三ツ沢球技場で日本代表デビューを果たした。

 そしてこの日は、大役も任されていた。昨秋のワールドカップイングランド大会の選手が全25人中9人も揃うツアーメンバーにあって、ゲーム副将を務めたのだ。

 ハメットHC代行から指名を受けたのは、現代表が集合して間もない頃。「僕でいいのかな、とは思ったけど、光栄。断る理由はない」。ゲーム主将だった立川理道が「発言は多くないですけど、プレーで引っ張ってくれる。頼りにしています」と語るなか、当の本人もただただ自分らしくあり続けたという。

「ワールドカップのメンバーがいい緊張感を作ってくれていたので、僕が特別何かを喋ることもない。何かを言うより、コツコツ地道なプレーをやりたい、と思っていた」

 たった40分のプレーで終わっただけに、不完全燃焼かと問われて「そうですね」と即答。もっとも試合後に語った「今後」には、鋭い視線を向けているだろう。

 18日、スコットランド代表とぶつかる。国内所属先のトヨタ自動車の本拠地、愛知・豊田スタジアムが舞台だ。

 安藤の務めるFW第3列のポジションには、ホラニ龍コリニアシらワールドカップ組が追加合流。海外出身の突破役が出揃い、定位置争いは激化する。それでも安藤は、ホームでの出場に「どんな時でもチームの規律を守ってプレーできるところ」をアピールする。

(文:向 風見也)

最終更新:6月16日(木)11時1分

ラグビーリパブリック(ラグビーマガジン)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]