ここから本文です

フェデラーがストルフに勝利、錦織は棄権 [ハレ/男子テニス]

THE TENNIS DAILY 6/16(木) 12:01配信

 ドイツ・ハレで開催されている 「ゲリー・ウェバー・オープン」(ATP500/6月13~19日/賞金総額170万610ユーロ/グラスコート)の1回戦で、第1シードのロジャー・フェデラー(スイス)が9度目のタイトルへの挑戦をストレートの勝利で始めた。彼はワイルドカード(主催者推薦枠)で出場のヤン レナード・ストルフ(ドイツ)を6-4 7-6(3)で下した。

錦織が故障で棄権 [ゲリー・ウェバー・オープン]

 フェデラーは一度もブレークポイントに直面することなく、15本のサービスエースを放って2回戦進出を決めた。

 第2シードの錦織圭(日清食品)は脇腹の痛みのため、2回戦を前に棄権を余儀なくされた。錦織は1回戦でルカ・プイユ(フランス)を破り、2回戦でフロリアン・マイヤー(ドイツ)と対戦する予定になっていたが、試合前に大会開催者に故障のためプレーすることはできないと伝え、マイヤーが不戦勝で準々決勝進出を決めた。錦織はプイユとの1回戦の最中に、メディカル・タイムアウトをとっていた。

 そのほかに行われた1回戦では、第8シードのフィリップ・コールシュライバー(ドイツ)が39本のウィナーを決めて、マルセル・グラノイェルス(スペイン)を6-2 7-6(4)で下し、ティムラズ・ガバシュビリ(ロシア)はパオロ・ロレンツィ(イタリア)を6-1 6-4で、第3シードのドミニク・ティーム(オーストリア)はジョアン・ソウザ(ポルトガル)を7-5 6-4を倒して2回戦進出を決めている。

 また、2回戦では、マルコス・バグダティス(キプロス)がワイルドカードで出場のダスティン・ブラウン(ドイツ)を7-5 7-6(8)で、アンドレアス・セッピ(イタリア)が予選勝者の杉田祐一(三菱電機)を6-3 6-0で破り、準々決勝に進んだ。

 アレクサンダー・ズベレフ(ドイツ)は試合を終えずして準々決勝に駒を進めた。ズベレフが7-5 3-0とリードした時点でベンジャミン・ベッカー(ドイツ)が背中の故障を理由に棄権。ズベレフは最初の4ゲームを落としたが、そこから挽回して第1セットを取り、第2セットでも優勢に試合を進めていた。

 準々決勝の顔合わせは、バグダティスとズベレフ、セッピとマイヤーとなる。(C)AP(テニスマガジン)

Photo: HALLE, GERMANY - JUNE 13: Roger Federer of Switzerland smiles at the press conference after his arrival during day one of the Gerry Weber Open at Gerry Weber Stadium on June 13, 2016 in Halle, Germany. (Photo by Thomas Starke/Bongarts/Getty Images)

最終更新:6/16(木) 14:18

THE TENNIS DAILY