ここから本文です

宮内和也さんは「一般的に生活」 福井県警が聴取、健康問題なし

福井新聞ONLINE 6月16日(木)19時19分配信

 1997年に失踪し、16日に国内での発見が明らかとなった福井県若狭町の特定失踪者、宮内和也さん(51)について、福井県警は拉致の可能性はないと確認。事件や事故にも巻き込まれていないという。

 県警によると6月初旬、宮内さんの可能性がある男性が見つかり保護。捜査員を派遣して事情聴取したほか、家族との面会で本人と確認したという。また、北朝鮮による拉致についても本人の話を基に裏付け捜査したところ、可能性はないことを確認したとしている。県警は「健康状態に大きな問題はなく、一般的な生活を送っていた」とし、詳細については「本人のプライバシーの問題」などとして明らかにしていない。

 福井県警が主体となって捜査している特定失踪者は10人となった。

 宮内さんは1997年4月24日、福井県三方町(現若狭町)の世久見漁港で行方不明となった。

福井新聞社

最終更新:6月22日(水)9時36分

福井新聞ONLINE

豊洲へなぜ市場移転 経緯と課題

築地から市場が移転される豊洲で、都が土壌汚染対策をしていなかったことが発覚。そもそもなぜ豊洲に移転するのか、経緯と課題を知る。