ここから本文です

予選勝者の大学生3人が8強入り [昭島/男子テニス]

THE TENNIS DAILY 6月16日(木)17時25分配信

「昭和の森国際男子テニストーナメント 吉田輝也メモリアルルトーナメント」(東京都昭島市・昭和の森テニスセンター/本戦6月14~19日/賞金総額1万ドル/砂入り人工芝コート)の本戦3日目は、シングルス2回戦8試合とダブルス準々決勝4試合が行われた。

連載第10回 島袋将【世界へはばたけ、日本のジュニア】

 シングルスのシード勢は、第1シードの吉備雄也(ノア・インドアステージ)、昨年の優勝者で第4シードの綿貫裕介(橋本総業ホールディングス)、第5シードの片山翔(伊予銀行)がベスト8に進出したが、第2シードの仁木拓人(三菱電機)は徳田廉大(フリー)に3-6 6-7(2)で敗れた。

 そのほか、島袋将(早稲田大学)、望月勇希(中央大学)、上杉海斗(慶應義塾大学)の予選勝者の大学生3人が準々決勝進出を決めている。

 ダブルスでは、第1シードの長尾克己(上武大学)/奥大賢(エキスパートパワーシズオカ)、第3シードの守谷総一郎(MTSテニスアリーナ三鷹)/岡村一成(ストライプインターナショナル)、第4シードの吉備/仁木、井藤祐一(ライフ・エヌ・ピー)/上杉が勝ち上がり、ベスト4が出揃った。

 6月17日(金)は10時00分から、シングルス準々決勝4試合とダブルス準決勝2試合が行われる予定。

※名前の左に付いている数字はドロー番号、[ ]数字はシード順位、WCはワイルドカード(主催者推薦枠)、Qは予選勝ち上がり、Altは繰り上がり出場

     ◇   ◇   ◇

【シングルス2回戦】

◯1吉備雄也(ノア・インドアステージ)[1] 6-1 7-5 ●3守谷総一郎(MTSテニスアリーナ三鷹)

◯5菊池玄吾(Team REC)7-6(4) 6-4 ●7西脇一樹(明治大学)[Q]

◯10望月勇希(中央大学)[Q] 6-1 6-0 ●11長尾克己(上武大学)

◯16片山翔(伊予銀行)[5] 6-3 6-1 ●14綿貫敬介(明治安田生命)

◯19島袋将(早稲田大学)[Q] 6-4 7-5 ●18伊藤雄哉(荏原湘南スポーツセンター)

◯24綿貫裕介(橋本総業ホールディングス)[4] 6-3 3-6 6-4 ●21清水悠太(パブリックテニスイングランド)[WC]

◯27上杉海斗(慶應義塾大学)[Q] 6-1 6-1 ●26高橋悠介(フリー)

◯29徳田廉大(フリー)6-3 7-6(2) ●32仁木拓人(三菱電機)[2]

--------------------

【ダブルス準々決勝】

◯1長尾克己/奥大賢(上武大学/エキスパートパワーシズオカ)[1] 6-4 6-3 ●3野口政勝/佐野紘一(ふじおかクリニック/伊予銀行)[Alt]

◯5吉備雄也/仁木拓人(ノア・インドアステージ/三菱電機)[4] 4-6 6-1 [10-7] ●7笹井正樹/塚越雄人(ホープテニスアカデミー/法政大学)

◯12守谷総一郎/岡村一成(MTSテニスアリーナ三鷹/ストライプインターナショナル)[3] 6-4 6-3 ●9綿貫敬介/綿貫裕介(明治安田生命/橋本総業ホールディングス)

◯13井藤祐一/上杉海斗(ライフ・エヌ・ピー/慶應義塾大学)6-3 5-7 [13-11] ●16片山翔/佐藤文平(伊予銀行/イカイ)[2]

(テニスマガジン/Tennis Magazine)

最終更新:6月16日(木)17時25分

THE TENNIS DAILY

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]