ここから本文です

イズナー 今季最多513本のサービスエースを記録<男子テニス>

tennis365.net 6月16日(木)10時52分配信

AEGON選手権

男子テニスツアーのAEGON選手権(イギリス/ロンドン、芝、ATP500)は大会3日目の15日、シングルス1回戦が行われ、第7シードのJ・イズナー(アメリカ)が手首の怪我から復帰途中のJ・M・デル=ポトロ(アルゼンチン)を7-6 (7-2), 6-4のストレートで下し、2回戦進出を決めた。

AEGON選手権 対戦表

この日イズナーは、怪我などでツアー離脱した選手に適応されるプロテクト・ランキングで出場のデル=ポトロに25本のサービスエースを叩き込み、1時間45分のストレートで勝利をものにした。

これでATPツアー今季最多となる513本のサービスエースを記録したイズナーは、濡れた芝で足元が滑るコートに上手く対応していた。

第2セットの第8ゲームで足を滑らせたデル=ポトロは、続く第9ゲームでも芝に足を取られる場面があり、その後は足元を警戒して動きに精彩を欠いてイズナーにブレークされてしまった。それが、この試合で両者通して唯一のブレークだった。

第1セットでは両者ブレークポイントを与えないサービスゲームを展開したが、タイブレークを制したイズナーが第1セットを先取。第2セットでは、6度握られたブレークポイント全てを跳ね除け、1ブレークに成功しデル=ポトロを退けた。

「試合が進むにつれて、コートに立っているのがどんどん心地良く感じ始めていた。きっと接戦になると思っていたけど、実際にそうなった。これまでの自分の多くの試合がそうだったように、ほんの数ポイントの差が勝敗を分けた試合だった」とイズナーは振り返った。

ベスト8進出をかけてイズナーは、2回戦でG・ミュラー(ルクセンブルグ)と対戦する。ミュラーは14日の1回戦で主催者推薦のJ・ワード(英国)を6-4, 6-4のストレートで下しての勝ち上がり。

(STATS - AP)

tennis365.net

最終更新:6月16日(木)10時55分

tennis365.net