ここから本文です

賞金、錦織4位キープ 芝でフェデラー破ったティエムが5位浮上<男子テニス>

tennis365.net 6月16日(木)11時34分配信

賞金ランキング

男子テニスの6月13日付 獲得賞金ランキングが発表され、前週に出場がなかった錦織圭(日本)は変わらず4位をキープ。前週のメルセデス・カップ(ドイツ/シュトゥットガルト、芝、ATP250)で優勝を飾った22歳のD・ティエム(オーストリア)が2つ上げ、5位に浮上した。

錦織47位 フェデラーは5位に

錦織は現在開催中のゲリー・ウェバー・オープン(ドイツ/ハーレ、芝、ATP500)に出場していたが、1回戦で痛めた左脇腹が回復せず、2回戦を棄権。27日に開幕を迎えるウィンブルドン(イギリス/ロンドン、芝、グランドスラム)に不安を残す形となった。

ティエムもゲリー・ウェバー・オープンに出場しており、現在2回戦に進出している。

昨年、錦織はゲリー・ウェバー・オープンで左ふくらはぎを負傷して準決勝を棄権。その後のウィンブルドンでもふくらはぎの状態は思わしくなく、2回戦で棄権していた。

また、今週はAEGON選手権(イギリス/ロンドン、芝、ATP500)も同時開催しており、A・マレー(英国)やS・ワウリンカ(スイス)らが出場。しかし、ワウリンカは世界ランク53位のベルダスコに敗れ、初戦で姿を消している。

その他、賞金ランキングは以下の通り。

1位:N・ジョコビッチ(セルビア) 8,367,350ドル/約8億9,500万円

2位:A・マレー 3,914,145ドル/ 約4億1,900万円

3位:R・ナダル(スペイン) 2,336,095ドル/ 約2億5,000万円

4位:錦織圭 1,930,200ドル/ 約2億700万円

5位:D・ティエム 1,787,036ドル/ 約1億7,800万円

6位:M・ラオニチ(カナダ) 1,683,378ドル/ 約1億8,000万円

7位:S・ワウリンカ 1,679,595ドル/ 約1億7,980万円

8位:D・ゴファン(ベルギー) 1,205,546ドル/ 約1億2,900万円

9位:G・モンフィス(フランス) 1,160,827ドル/ 約1億2,400万円

10位:T・ベルディヒ(チェコ共和国) 1,146,493ドル/ 約1億2,300万円

※6月16日の為替レート

tennis365.net

最終更新:6月16日(木)11時34分

tennis365.net

豊洲へなぜ市場移転 経緯と課題

築地から市場が移転される豊洲で、都が土壌汚染対策をしていなかったことが発覚。そもそもなぜ豊洲に移転するのか、経緯と課題を知る。