ここから本文です

[移籍]フランクフルトが23歳のスウェーデン代表ストライカー獲得「ここのスタジアムは素晴らしいよ」

theWORLD(ザ・ワールド) 6月16日(木)8時10分配信

4年を過ごしたボルシアMGを後に

ドイツブンデスリーガのフランクフルトが15日、ボルシアMGでプレイしていたスウェーデン代表FWブラニミール・フルゴタをフリートランスファーで獲得したことを発表した。契約期間は2019年6月30日までとなっている。

イェンシェーピンでプロキャリアをスタートさせたフルゴタは、2012年にボルシアMGに加入。初年度こそ国内リーグ12試合の出場に留まるも、2013-14シーズンにはリーグ戦29試合に出場し、チームにとって不可欠な戦力へと成長を遂げていたが、2015-16シーズンは出場機会が激減。ブンデスリーガではわずか9試合の出場となり、ほろ苦いシーズンとなった。23歳のストライカーは、今回のフランクフルト移籍について次のように語っている。

「ファーストインプレッションはとてもポジティブなものさ。ここのスタジアムは本当に熱狂的で素晴らしい。フランクフルトとは前にも対戦したことがあるけど、そのときもここの雰囲気はとんでもないものだったね。目標はたくさんのゲームに出て、なるべく多くの得点を決めることさ。フランクフルトという町についてはあまり詳しくないけど、新たな生活を楽しみたいと思ってるよ」

早熟の若きスウェーデン人の新たな挑戦は、どのようなストーリーとなるだろうか。フルゴタの新天地における奮闘に期待したい。

http://www.theworldmagazine.jp

最終更新:6月16日(木)8時10分

theWORLD(ザ・ワールド)