ここから本文です

亜鉛建値、9000円下げ 26万5000円に改定

日刊産業新聞 6月16日(木)12時30分配信

 三井金属は15日、6月積み亜鉛建値をトン9000円引き下げ26万5000円に改定したと発表した。指標となるロンドン金属取引所(LME)の亜鉛現物が下落し、為替相場でも円高が進行したことを反映した。月内推定平均は26万6100円となった。

最終更新:6月16日(木)12時30分

日刊産業新聞

豊洲へなぜ市場移転 経緯と課題

築地から市場が移転される豊洲で、都が土壌汚染対策をしていなかったことが発覚。そもそもなぜ豊洲に移転するのか、経緯と課題を知る。