ここから本文です

町田がU-22マレーシア代表と対戦 町田市は初の海外チーム受け入れに「おもてなしのノウハウを身に付ける」

theWORLD(ザ・ワールド) 6月16日(木)10時10分配信

愛媛戦の翌日にU-22マレーシア代表と激突

14日、町田ゼルビアは20日にU-22マレーシア代表とのトレーニングマッチを開催することを発表。同試合は町田のホームゲームが開催されている町田市立陸上競技場で行われ、試合は午前11時のキックオフを予定している。

また、町田市が海外のサッカーチームを受け入れるのは、今回のU-22マレーシア代表が初めて。町田市はクラブ公式サイトを通じて「今回の遠征受け入れにより、海外の選手を受け入れる際の食事など“おもてなし”のノウハウを身に付け、東京2020オリンピック・パラリンピックのキャンプ地招致を目指した取り組みを進めます」としている。

U-22マレーシア代表は、2017年にマレーシアで開催されるの東南アジア競技大会に向けたチーム強化の一環として町田市に遠征。J2昇格1年目ながら18節を終えてプレイオフ進出圏内となる6位につけている町田と対戦する。その町田は次節、19日に町田市立陸上競技場で愛媛FCと対戦。同節の結果次第では2位まで浮上する可能性がある。

http://www.theworldmagazine.jp/

最終更新:6月16日(木)10時10分

theWORLD(ザ・ワールド)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]