ここから本文です

広島・松山、一時は“弱気”も執念の一打

Full-Count 6月16日(木)13時20分配信

好機で最高の結果、「気持ちだけで」

 15日の西武戦で、広島の松山竜平が試合を決定付ける2点三塁打を放って勝利に貢献した。6月の月間打率が1割台と不振に苦しむ中、途中出場での殊勲打は、「本当に最後は気持ちだけで打ちました」という執念の一打だった。

広島、過去10年のドラフト指名選手一覧

 エルドレッドの負傷退場で3回から途中出場した松山は、同点で迎えた5回の1死一、三塁という勝ち越しのチャンスで内野ゴロに倒れ、結果的に併殺となりチームの勢いを削ぐ結果となった。

「前の打席がひどい内容だったので、今度はなんとかしようと思っていた」という7回の第2打席は、新井のタイムリーで1点を勝ち越し、なおも2死一、二塁と追加点の絶好機だった。それでも「ここのところ本当にうまくいかないことが続いていた」という松山は「新井さんが打った時、代打を出されることを考えた」と弱気になったが、「打席に立たせてもらえて嬉しかった」というチャンスで最高の結果を出した。

 この打席でも「積極的に行けず、追い込まれてしまった」と2球で2ストラクを取られたが、3球目の低めへ落ちるスライダーをうまく捉え、打球はライトの頭上を越える三塁打となった。松山は「低めのボール球だったが、自分のバッティングができた。明日(16日)からもこういうバッティングができればいい」と安堵の表情を見せた。

 交流戦に入って得点力不足の兆候も見え始めた打線は、エルドレッドの離脱が濃厚となり、さらに苦しい状況が予想される。ルナ、プライディなど、二軍に控える外国人選手の昇格も期待されるが、一時は4番も任されるなど、5月終了時に打率.337、5本塁打を記録した松山が復活すれば、リーグ最強打線の再加速も期待できそうだ。

大久保泰伸●文 text by Yasunobu Okubo

最終更新:6月16日(木)13時20分

Full-Count

スポーツナビ 野球情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]