ここから本文です

控えでも重要な存在 レーヴ監督「シュバイニーはトランプのエース」

theWORLD(ザ・ワールド) 6/16(木) 15:00配信

初戦でも途中出場から活躍

ドイツ代表を率いるヨアヒム・レーヴ監督はキャプテンへの信頼をさらに高めたようだ。

ドイツにとって開幕戦となったウクライナ戦でバスティアン・シュヴァインシュタイガーはベンチスタートとなった。しかし、試合終了間際に途中出場するとアディショナルタイムに追加点を決めてチームの勝利に大きく貢献している。その姿はまさに頼れるキャプテンであり、レーヴ監督も頼もしい存在であると考えているようだ。独『Sport Bild』がコメントを伝えた。

「彼は練習から素晴らしい印象を与えているし、チームにものすごい力をもたらしてくれるだろう。バスティは責任を受け入れ、良いパフォーマンスを見せている。でも彼はまだようやく一歩を踏み出したところだし、次の試合も控えという立場を受け入れてくれるだろう。彼自身もそう考えているはずだ」

また、「彼は私にとってトランプのエースだ。大会が進んでいけば、重要な存在になる」と話し、キャプテンを評価している。2年前、中心選手としてワールドカップ優勝を成し遂げた経験を持つだけに、EUROで成功を収めるためには今後キャプテンの存在が必要不可欠となるはずだ。

http://www.theworldmagazine.jp/

最終更新:6/16(木) 15:00

theWORLD(ザ・ワールド)

スポーツナビ サッカー情報

なぜ今? 首相主導の働き方改革