ここから本文です

【MLB】ボンズから偉業達成のイチローへ最高の賛辞「2度と現れないほどの逸材」

Full-Count 6/16(木) 16:06配信

ボンズが“提言”「次なるイチローが見つかったら早くメジャーに連れてこい」

 現役時代にメジャー最多の762本塁打を放ち、今年からマーリンズの打撃コーチを務めるバリー・ボンズ氏がイチローに最大級の賛辞を贈った。イチローは15日(日本時間16日)のパドレス戦で2安打し、日米通算4257安打(NPB1278本、MLB2979安打)でピート・ローズのメジャー最多4256安打を一気に抜き去った。また、史上30人目のメジャー3000安打にも残り21本に迫っている。ボンズ氏はイチローが刻んできた記録をどう見ているのか。

イチロー、メジャー通算では今何位? MLB歴代通算安打数ランキング

――イチローはあなたの目にはどんな打者だと映っていますか? 

「グレイト。彼が素晴らしい打者であることは、誰も疑わないだろう。彼がどんなタイプのプレーヤーか、誰の目にも明らかだ。唯一残念なのは、彼がすべての安打をここMLBで記録できなかったこと、日米両国になったということだ。我々にとっては常にピート・ローズという存在がある。彼は全キャリアをメジャーでプレーしたからね。でも、同時に我々にとってイチローはローズに並ぶ存在だ。両国でプレーし、そのリスペクトを勝ち得た」

――日米合算についての個人的意見を教えてください。

「私の考え?もし日本で次なるイチローが見つかったら、もっと早く日本から送り出し、こっち(メジャー)に早く連れてくることだ。そしたら、ここで記録が積み重ねられる。それが私の意見だ(笑い)。日本で10年もプレーさせるなよ。そんなことさせたらダメだ。すぐにメジャーに来させて、選手のやりたいようにさせてあげるべきだ。それというのも、(イチローは)2度と現れないかもしれないほどの逸材。ピート・ローズの記録を見てみろ。どれだけ長い間破られずに来たか。もしイチローのような逸材が見つかったら、2度と日本に長居させるようなことをしてはいけない」

――あなた自身も大記録に並び、破る経験をしてきましたが、今年のイチローはどう映っていますか? 

「リラックスしているように見えるよ。いつもと違った様子は見えない。彼はおそらくこのチームで最高のチームメイトの1人であり、最高に面白い奴の1人であり、チーム全員それぞれと違ったハンドシェイクを持ってもいるし。どうやって全部覚えているのかわからないけどね(笑い)。最高のプレーヤーの1人で、とても穏やかで頭のいい野球選手だ」

1/2ページ

最終更新:6/16(木) 16:27

Full-Count

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]