ここから本文です

マンオブザマッチに輝いたスイス代表シャカ、チームのパフォーマンスに不満

theWORLD(ザ・ワールド) 6月16日(木)16時30分配信

多くのチャンスをふいにしてしまった

EURO2016グループA第2節が行われ、スイスはルーマニアと対戦した。

初戦で勝利したスイスとしては連勝で決勝トーナメント進出といきたかったはずだが、1-1のドローに終わっている。後半、同点に追いついた直後から猛攻を仕掛け続けたものの、最後まで逆転弾を挙げることはできなかった。このパフォーマンスにはマンオブザマッチに輝いたシャカも不満があるようだ。英『the guardian』がコメントを伝えている。

「(次の)フランス相手にこんなチャンスは作れないだろう。だからこそもっとチャンスを生かさなければならなかったし、得点こそが僕らの原動力になる」

実際、スイスは初戦のアルバニア戦でも多くのチャンスを逃して、結果的には1点しか挙げられなかった。それだけに得点力不足は深刻で、フランス相手にどのような戦いを挑むのか注目したいところだ。

最終更新:6月16日(木)16時30分

theWORLD(ザ・ワールド)