ここから本文です

UCLでは酷い演技、EUROでは腹部蹴り上げの暴力行為 “やっぱり暴れた“ペペをまたもリネカー氏が批判

theWORLD(ザ・ワールド) 6/16(木) 19:20配信

アイスランド戦でも危険なプレイが

現在ポルトガル代表、レアル・マドリードの試合で注目されているポイントの1つが解説を務めるゲイリー・リネカー氏のペペ批判だ。リネカー氏はこれまで何度かレアル・マドリード所属のポルトガル代表DFペペの危険行為やシミュレーションを批判しており、今ではペペが出場している試合ではリネカー氏がどんなコメントをするか注目が集まっているのだ。

それは14日に行われたEURO2016グループF第1節、ポルトガルとアイスランドの一戦でも変わらなかった。この試合でペペはアイスランドFWヨーン・ダズィ・ベズヴァルソンと競り合った際に転倒。その際にベズヴァルソンの腹部を蹴り上げるような行為を見せ、その後はペペに対してブーイングが起こっていた。

もちろんリネカー氏がこれを見逃すはずはなく、自身のTwitterで禁止用語を交えてペペを痛烈に批判。しかもこの禁止用語は、5月28日に行われたレアル・マドリードとアトレティコ・マドリードによるチャンピオンズリーグ決勝でペペに浴びせられたものと同じだった。ペペはそのアトレティコ戦で相手選手に顔を叩かれたと必死の演技を見せ、今回対戦したアイスランド代表監督のラーシュ・ラーゲルベックにも「ポルトガルにはハリウッド俳優がいる」と試合前から口撃を受けていた。

スペイン『as』はペペを何度も批判するリネカー氏に注目しており、オーストリアとの第2戦では何を言ってくれるんだと楽しみにしている。シミュレーション、暴力行為とペペの90分間は話題に事欠かないが、今大会もリネカー氏がペペの行為にどんなリアクションを見せてくれるのか注目だ。

http://www.theworldmagazine.jp/

最終更新:6/16(木) 19:20

theWORLD(ザ・ワールド)

スポーツナビ サッカー情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

E.T.は(多分)いる -- 心して待て
SETIの研究者であるセス・ショスタックは24年以内に地球外生命体を発見できると賭けを申し出ます。そうでなければコーヒーを一杯おごると。何故、発見できるのか。そして、はるかに進んだ社会を発見することによって人類はどう影響を受けるのかについて語ります。