ここから本文です

バルセロナ、スペイン代表FWノリート獲得のライバルはグアルディオラ!? マンCが獲得狙う

theWORLD(ザ・ワールド) 6月16日(木)21時30分配信

元バルサ、V・バルデスの獲得も……

バルセロナはこの夏もセルタのスペイン代表FWノリートを獲得する有力候補に挙げられているが、マンチェスター・シティの新監督に就任するジョゼップ・グアルディオラが同選手の獲得を望んでいるという。

違約金が1400万ポンド相当に設定されているノリートだが、マンチェスター・シティがこの夏の移籍市場でターゲットとして狙いを定めていると『The Sun』が伝えている。現在29歳のノリートは、2008年から2011年までバルセロナBでプレイ、昨季は負傷で2ヶ月も出場機会を得られなかったにもかかわらず、リーグ戦で12ゴールを記録した。EURO2016では1-0で勝利したチェコ戦にスタメンで出場している。

同メディアはさらに、シティがマンチェスター・ユナイテッドを退団することが決定している元バルセロナのビクトル・バルデスを獲得する可能性があるとも伝えており、ペップはバルデスに復活するチャンスを与えるだろうとしている。

バルセロナを離れた2人の選手はペップの呼びかけに応じてマンチェスター・シティで新たな挑戦をすることになるのだろうか。注目が集まる。

http://www.theworldmagazine.jp

最終更新:6月16日(木)21時30分

theWORLD(ザ・ワールド)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。