ここから本文です

カンドレーヴァがダメなら…… インテル、夏の標的をポルトガル代表ドリブラーにシフトチェンジか

theWORLD(ザ・ワールド) 6月16日(木)23時30分配信

香川の元同僚が長友の同僚に!?

日本代表DF長友佑都が所属するインテルは、ラツィオ退団が噂されるアントニオ・カンドレーヴァに興味を示しており、獲得のオファーを出していると以前から報じられてきた。しかし、なかなか進展しない状況に嫌気が差したのか、ターゲットを変更するかもしれない。

伊『calciomercato』によると、インテルは新たなターゲットとして、フェネルバフチェに所属するポルトガル代表FWナニをリストアップしたようだ。ナニは2015年にフェネルバフチェへ加入。同クラブとの契約を2018年まで残しており、獲得を目指すとなると契約解除の違約金として800万ユーロがかかるとみられている。

現時点では、まだカンドレーヴァの獲得を第一目標としているようだが、はたしてインテルはナニの獲得に動くのだろうか。得点力不足が問題のインテルにとって、アシストができ、自らもゴールを決めることができるナニの獲得は大きな戦力となるかもしれない。

http://www.theworldmagazine.jp/

最終更新:6月16日(木)23時30分

theWORLD(ザ・ワールド)

スポーツナビ サッカー情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。