ここから本文です

「アロンソがライバルを驚かせるパフォーマンス」:英誌全ドライバー評カナダGP編

オートスポーツweb 6月16日(木)18時28分配信

 英AUTOSPORTが2016年第7戦カナダGPを戦った全ドライバーを10点満点で評価した。今回は最高点が9点、最低点が4点。マクラーレン・ホンダのフェルナンド・アロンソも高い評価を受けている。

2016年第7戦カナダGP ジェンソン・バトン(マクラーレン・ホンダ)

 この企画は英AUTOSPORTが数年前から行っているもので、各グランプリにおいてすべてのドライバーに関して主に予選と決勝のパフォーマンスを評価し、さまざまなソースから得た情報を加味して採点する。

 今回は最高点9点がふたり、8点が4人のドライバーに与えられた。

■カナダGP 最高評価のふたりはタイヤをうまくマネージ

 今回は、ポール・トゥ・フィニッシュを成し遂げたメルセデスのルイス・ハミルトンと、ウイリアムズにとって今季初表彰台を飾ったバルテリ・ボッタスが9点と評価された。

「モントリオールを得意とするハミルトンだけに、彼がカナダ参戦9回中5回目のポールを取ったのは驚きではなかった」とと寸評には記されている。

「ただQ3最後のアタックでニコ・ロズベルグがロックアップしたことに助けられた部分もある」

「スタートはよくなかったが、決勝ではそれが唯一の失敗で、それ以外は文句のつけようがなかった。速さがありタイヤのマネジメントも非常にうまかった。今や完全にタイトル争いに復帰したといえるだろう」


 ウイリアムズのボッタスは7番グリッドからスタートし、3位でフィニッシュした。
「ボッタスは非常にうまくマシンから速さを引き出していた。ただ、フェリペ・マッサと異なりマシンが万全だったことを考えると、予選でフェラーリのキミ・ライコネンに勝つべきだったかもしれない。しかしQ3でフロントタイヤの温度が下がり、アンダーステアになったことが響いた」

「今週末の彼のパフォーマンスにはそれ以外に批判すべき点はない。見事なレースだった。他のマシンのミスや問題に助けられた部分はあったが、ハミルトンレベルのタイヤマネジメントを見せて、ウイリアムズに表彰台をもたらした」

 続く8点を与えられたのは、フェラーリのセバスチャン・ベッテル(2位)、レッドブルのマックス・フェルスタッペン(4位)、カルロス・サインツJr.(9位)、マクラーレン・ホンダのフェルナンド・アロンソ(11位)だった。


■アロンソはマシンと相性が悪いサーキットで見事な予選

 アロンソは3戦連続で予選Q3進出を果たして10位を獲得、決勝では入賞に一歩及ばず11位でフィニッシュした。

「2015年にはカナダはマクラーレン・ホンダにとって最も苦しんだグランプリのひとつだったが、そのサーキットでアロンソは見事な仕事をし、再びQ3に勝ち進んだ。そのパフォーマンスにフォース・インディアとトロロッソは驚いていた」

「決勝1周目でニコ・ヒュルケンベルグを抜き、わずかの間ロズベルグの前を走った。しかしあっという間にポジションを落としていった」

「1回ストップで走り切るという難しい試みにチャレンジ、しかしタイヤと燃料を厳しく管理して走らなければならなかったため、速いペースで走れず、上位で誰かが脱落しない限り、入賞圏内に入るのは無理だった」

 チームメイトのジェンソン・バトンは12番グリッドからスタート、順位を上げていたものの、トラブルでリタイアしなければならなかった。バトンには7点の評価が与えられた。

「バトンは予選Q2でふたつのセクターではアロンソよりわずかに速いタイムを出していた。最終的にアロンソのタイムにおよばなかったのは、(アロンソはバトンのスリップストリームを利用したが)自分はスリップを使えなかったからだと主張している」

「しかし実際にはアロンソはバトンのスリップを利用できるほど近い位置を走っていたわけではない。バトンは単に、ヘアピンでロックアップしたことでタイムを失ったのだ」

「バトンはオープニングラップでセルジオ・ペレスを抜き、アロンソのすぐ後ろを走っていたが、再びトラブルが発生し、マシンを止めた」


■カナダGP 全ドライバーへの評価点
 
 英AUTOSPORTによる2016年第7戦カナダGPでの各ドライバーの点数は以下のとおり(10点満点)。

■メルセデス
ルイス・ハミルトン:9点
ニコ・ロズベルグ:5点
■フェラーリ
セバスチャン・ベッテル:8点
キミ・ライコネン:4点
■ウイリアムズ
フェリペ・マッサ:7点
バルテリ・ボッタス:9点
■レッドブル・レーシング
ダニエル・リカルド:7点
マックス・フェルスタッペン:8点
■フォース・インディア
ニコ・ヒュルケンベルグ:7点
セルジオ・ペレス:6点
■ルノー
ケビン・マグヌッセン:5点
ジョリオン・パーマー:7点
■トロロッソ
ダニール・クビアト:6点
カルロス・サインツJr.:8点
■ザウバー
マーカス・エリクソン:7点
フェリペ・ナッセ:4点
■マクラーレン
フェルナンド・アロンソ:8点
ジェンソン・バトン:7点
■マノー
パスカル・ウェーレイン:7点
リオ・ハリアント:4点
■ハース
ロマン・グロージャン:6点
エステバン・グティエレス:6点

[オートスポーツweb ]

最終更新:6月16日(木)18時30分

オートスポーツweb