ここから本文です

リル・ウェイン、またまた発作を起こし緊急着陸するも回復へ

Billboard Japan 6月16日(木)12時10分配信

 6月13日に発作のため飛行機を緊急着陸させたリル・ウェインだが、無事に回復し翌14日、心配していたファンに向けツイッターに感謝の言葉を綴った。

 ウェインが軽い発作を発症したため、ウィスコンシン州ミルウォーキーからカリフォルニアに向かっていた自身のプライベート・ジェットがネブラスカ州オマハに着陸した。同ニュースを初めに伝えたゴシップニュースサイト“TMZ”の報道によると、同ラッパーはいったん意識を取り戻すと治療を拒んだそうだが、その後、離陸して数分後に2度目の発作が起き、再びオマハに緊急着陸させる必要があったという。

 ウェインはこの一件があってから初のコメントをツイッターにあげ、「祈っててくれたみんな、サンキュ!! みんな愛してるぜ」と綴っている。

 過去4年において、ウェインが発作を起こしたのは分かっているだけでこれで4度目だ。2012年10月にはテキサスからカリフォルニアへの飛行中に発作を起こしており、2013年3月にもあったことが明らかになっている。同ラッパーは当時、てんかんを患っていて“発作を起こしやすい”ことを自ら認めていた。

 リル・ウェインの代表も今回の一件を認めており、現在は回復しているとの声明を出している。

最終更新:6月16日(木)12時10分

Billboard Japan

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。