ここから本文です

ビヨンセ、公演最後にフロリダでの犠牲者へ「Halo」捧げる

Billboard Japan 6月16日(木)12時10分配信

 この7週間に全スタジアムを満員にし、【フォーメーション・ワールド・ツアー】を大成功させているビヨンセが、同ツアー第一弾となった北米レグを先週末にフロリダで起きた事件の犠牲者に敬意を表し終了させた。

 6月14日に行われたデトロイトのフォード・フィールド公演にて、クロージングナンバーとなった「ヘイロー」を“愛についての曲”と紹介したビヨンセは、同曲を“フロリダで家族を亡くしたすべての家族に”捧げた。12日早朝にオーランドのPulseナイトクラブで起きた銃乱射事件の犠牲者と、10日夜にやはりオーランドでコンサート終了後に男に射殺された『ザ・ヴォイス』出身のクリスティーナ・グリミーのことを指しているのであろう。

 6月28日にイングランドのサンダーランド公演で欧州レグを開始するまで、2週間ほど間をあけるビヨンセ。これとは別に、9月7日のニュージャージー州イーストラザフォードを皮切りとするアメリカでの9公演も予定している。

 なお、デトロイトでの公演はオープニングアクトを務めたDJキャレドやスペシャル・ゲストたちにとって特別なものになったようだ。キャレドは地元出身の女性ラッパー、Dej Loafをステージに上げて彼女のシングル「Try Me」、「Back Up」を披露させた後、ヤング・ジージーを紹介。「Who Dat」と「Out Here Grindin'」を披露した。

最終更新:6月16日(木)12時10分

Billboard Japan

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。